帰化でお悩みの在日韓国人・中国人・台湾人・ベトナム人の方へ

面倒な帰化申請を安く、早くできる方法をご存知ですか?

帰化・相続等での台湾戸籍・韓国戸籍の翻訳・取寄せ実績多数。

帰化のことならフロンティア総合国際法務事務所にお任せ下さい!

帰化申請 大阪.com

大阪梅田で帰化申請支援10年の実績。

帰化・ビザ専門行政書士による無料相談会

相談予約受付中!

top.pngのサムネール画像日時:平日10:00~19:00、土曜10:00~17:00のうち予約した時間帯

場所:大阪市北区芝田1丁目4-17 梅田エステートビル2F フロンティア総合国際法務所カウンセリングルーム(阪急梅田駅茶屋町口より徒歩2分,DDハウス隣のビルです)

相談費用:通常30分5400円⇒今なら無料!

相談内容:外国人の帰化、永住ビザ、在日韓国人遺産相続、台湾遺産相続等

 相談担当フロンティア総合国際法務事務所 代表  田上 創

 (帰化専門コンサルタント・入国管理局申請取次行政書士)

参加資格:帰化、ビザ申請予定、在日韓国人の相続人(※相続予定)の方(中国人、台湾人、韓国人、ブラジル人、ベトナム人等、国籍不問。但し1日3名限定

参加方法:電話予約(TEL:06−6375−2313もしくはメールでご予約の上、指定の時間帯に来所してください在留資格・帰化申請・韓国戸籍等のサポート実績100件以上、ビザ・帰化等の相談実績1000件以上の帰化申請専門のサポート実績豊富な行政書士(業務歴10年超)がご相談にお答えします。

なお、依頼する場合と自分で手続きする場合の違いは、行政書士に依頼するメリットをご参照ください。

※1日3枠のみの為、予約が満席となることも多々ございますので、お早めにご予約いただきますようお願いいたします。 

20061221171028.jpeg(←来所の際は、左の地図をプリントアウトしてお持ち頂くと便利です)

所在地:〒530-0012 大阪市北区芝田1丁目4番17号 梅田エステートビル207号

フロンティア総合国際法務事務所

(代表行政書士:田上創)  

TEL:06-6375-2313

 ⇒依頼するか迷われている方はお客様の声

⇒帰化専門行政書士事務所を選ぶ基準がわからない方は帰化専門行政書士事務所の選び方

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

<申込みは今がチャンス!帰化申請費用月5組限定割引キャンペーンのご案内>

 帰化申請の書類作成費用が今なら¥98000

特別永住者の方は格安で手続きできるチャンスです!

→詳しいキャンペーン内容はこちら   (※但し条件がありますので、ご利用の際はお問い合わせください。)

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

帰化申請代行・韓国戸籍翻訳・韓国戸籍取得代行料金>

※韓国戸籍取得・翻訳等、原則的に全国対応で支援いたします!!

帰化申請書類作成コース
(→多少の手間はかかってもいいから、費用を格安に!という方に最適なコースです)

2、帰化申請完全サポートの料金・費用

(→とにかく忙しいから全部やってほしい!という方に最適なコースです)

3、帰化申請動機書作成コース
(→帰化の動機書のみを作成します)

4、在日韓国人遺産相続手続代行サービス
(→複雑な韓国の遺産相続手続を一括で迅速処理いたします!)

5、家族関係証明書翻訳・韓国戸籍翻訳料金・費用
(→韓国戸籍翻訳や家族関係証明書翻訳をスピード対応します)


6、家族関係証明書・韓国戸籍取寄せ・請求料金・費用
(→家族関係証明書や韓国戸籍取寄せ請求を代行します)
 

7、中国公証書翻訳料金・費用
(→中国公証書等、各種法律文書を翻訳いたします!)


8、台湾戸籍翻訳料金・費用
(→旧台湾戸籍翻訳にも対応いたします!)


9、戸籍謄本翻訳(英訳)料金・費用
(→日本の戸籍英訳・翻訳サービスです。)


10、韓国戸籍 英訳 料金・費用
(→韓国人の海外留学・海外での永住権申請・帰化申請等の場合に必要です)

 

11、認知による日本国籍取得サービス

(→未認知の子供を日本人の父が認知することで日本国籍が取得できる可能性があります)


※なお、全てのサービスにおいて、「速い」「安い」そして「正確」であることを心がけておりますので、全国の方から多くのご依頼を頂いております。また、官公庁、弁護士事務所、税理士事務所、司法書士事務所等からのご依頼も多数ございます。遠方の方も、安心してご依頼下さい。

⇒なお、日本のビザについては就労ビザ・投資経営ビザ・配偶者ビザ・オーバーステイをご覧ください。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

 <2012年7月6日の改正入管法施行に伴う書類の変更について>

2012年7月6日の新法施行以降、必要書類が大幅に増加いたしましたので、サポートする側にとっても業務量が増大いたします。

それだけでなく、実際、帰化申請の審査はかなり厳しくなります。今まで許可されていた方のうちの一部の方は申請しても受付されないケースが出てくることが予想されます。

大変残念なニュースで申し訳ございませんが、今後の動向によっては、帰化のサポート料金の改定(値上げ)をせざるを得ない可能性が高いので、現在帰化申請のお申込みを迷っておられる方はお早目のお申込みをお願いいたします。


◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
<帰化をお考えの方へ-フロンティア総合国際法務事務所からのメッセージ>

日本で生活している在日外国人の皆さん、こんにちは。フロンティア総合国際法務事務所代表の田上です。

当事務所は、数ある行政書士業務の中でも特に 「帰化申請」を中心に取り扱っております。

特別永住者の方をはじめ、日本で長期にわたり生活してきた方々にとっては、生活の本拠は本国より日本にあり、日本での生活の方に慣れてきています。

そこで、そのような在日外国人の方々にとっては様々な理由から日本国籍を取得し日本人と同じように生活がしたいと思うことは少なくありません。

そこで、そのような方が日本国籍取得するため、「帰化」という制度があります。

ただここで「帰化」をするということは自分の国籍を変更し、日本人になるということを意味しますので、人生において大きな決断となると思います。

ところが、やっとの思いで帰化すると決断し、帰化手続きをしようと法務局にいくと、多くの場合、

1、法務局から膨大な資料の提出を要求された上、

2、その資料をどこに、いつ取りに行ったらいいかわからず、

3、さらに翻訳等、沢山の書類作成を要求される


という事態に陥ります。

これでは、仕事を何日も休まなければならず、サラリーマンの方は査定に響く可能性がありますし、自営業の方は店を何日も休ませなければならず、売り上げの減少につながります。

そこで、このような不便さ解消のため、当事務所は、

1、依頼者の帰化手続きのための膨大な書類の作成・収集にかかる手間や時間を最小限に抑え、仕事や生活への負担を軽減するのみでなく

2、帰化に伴う依頼者の心理的負担を最小限に抑える

ことができるよう、帰化申請を全力でサポートいたします。


確かに帰化申請代行を依頼した場合、一定の費用はかかります。しかし、帰化専門行政書士が帰化申請書類の作成、韓国戸籍謄本の取り寄せ・翻訳、日本の役所での証明書の取得等を代行いたしますので、帰化申請にかかる時間、労力が大幅に節約できます

また、残念なことですが、最近は、帰化申請を格安で請負い、行政書士本人ではなく、事務員任せにする事務所もあるようです。

しかし、事務員任せにすれば格安にはできますが、

1、帰化申請書類に不備があり、結局受理までに時間がかかってしまう

2、韓国戸籍の記載が実態と合わない、途中で身分関係の変動が起こる等、不測の事態に迅速に対応できない

等、結局は時間がかかってしまい、何のために依頼したのかわからなくなることも多いようです。

当事務所は開業以来、一貫して韓国戸籍や中国の制度に詳しい帰化専門の行政書士本人が責任をもってサービスを行っています。

そのため、一般の行政書士・司法書士事務所と比べ、帰化申請受理までのスピード、許可率の高さには自信がございますので、きっと価格以上の満足を依頼者にお返しできると考えています。


どんなことでも、1人でやることは大変なことです。日本国籍取得までの大きなハードルを当事務所と一緒になって乗り越えていきませんか。

在留資格コンサルタント・行政書士   田上 創

⇒代表者の帰化に対する思いはこちら


⇒帰化申請についての無料メール相談はこちら

 

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆


<お蔭様でTV出演!マスコミ取材依頼実績等>  
                                                                   
      20081001222142.gif syupos.jpg

1、独立・起業の専門誌「アントレ」2006年9月号(リクルート社・全国の書店、コンビニで販売)に専門家として紹介される。

2、2006年11月6日当事務所応接室にてMBS(毎日放送)の取材を受ける。

3、2008年9月30日名古屋テレビ報道特集番組「UP!」に出演。専門家としてコメント。

4、週間ポスト(2008年11月21日号)49ページに掲載。専門家としてコメント。

5、2009年5月18日NHK国際部より電話取材。専門家としてコメント。

6、2011年10月27日、NHK産経新聞より電話取材依頼。

7、2012年11月28日、産経新聞北摂版に掲載。

8、その他、スペシャリストを紹介する「国際グラフ」や「夕刊フジ」大阪版等の取材申込あり。
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
<連絡先>

■HP:帰化申請相談.com(日本帰化手続き・韓国戸籍取寄せ・翻訳)

■事務所所在地:〒530-0012 大阪市北区芝田1丁目4-17 
梅田エステートビル2F 
(阪急梅田駅茶屋町口より徒歩2分,DDハウス隣のビル)



■運営事務所名:フロンティア総合国際法務事務所 

■代表者氏名:田上 創

■所属:日本行政書士連合会:05262374号
大阪府行政書士会:5117号

■連絡先
TEL:06-6375-2313
FAX:020-4622-6151

■主要業務:外国人の帰化申請、ビザ申請のサポート、韓国戸籍取得代行、韓国戸籍翻訳、台湾戸籍翻訳、戸籍謄本の英訳、英文契約書作成・翻訳フィリピン国際結婚手続き代行等。

Visa Information in English:Immigration Visa Lawyer Japan  

■帰化関係書類翻訳可能言語:英語、中国語(台湾語)、韓国語、モンゴル語、スペイン語、タイ語等(弁護士事務所、税理士事務所、司法書士事務所等からの紹介多数)。

■その他資格:大阪入国管理局長承認入国管理局申請取次行政書士、日本M&Aセンター認定M&Aコンサルタント等。

■ビザ、帰化で取り扱った国籍

中国、韓国(特別永住者中心)、中華民国(台湾)、ブラジル、ロシア、ウクライナ、ネパール、フランス、ルーマニア、フィリピン、メキシコ、トルコ、アメリカ、カナダ、イギリス、ドイツ、ジャマイカ、モンゴル、カナダ、オーストラリア、パキスタン、ニュージーランド等。

■帰化申請で取り扱った依頼者の職業:医師、看護師、介護士、テレビ局職員、スポーツ選手、IT会社プログラマー、会社経営者、個人事業主、飲食店経営者、メーカー翻訳通訳者、アパレル営業職、不動産業営業、貿易業、事務職他多数

■帰化申請実績法務局:大阪法務局(本局・堺支局・東大阪支局・大阪北支局等)、神戸法務局(本局・西宮支局・伊丹支局等)、京都法務局、奈良法務局等。

■主要業務エリア:原則として大阪・堺・豊中・東大阪・神戸・西宮・尼崎・箕面・宝塚・伊丹・池田・高槻・吹田・茨木・泉大津・寝屋川等の大阪府、兵庫県、京都府、滋賀県、和歌山県、奈良県の関西全域。
東京、名古屋、福岡、札幌等、他地域の方で出張希望の方は、原則として交通費実費のみで出張いたしますので、お問い合わせ下さい。
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
旅館業許可申請  大阪で会社設立 事業協同組合 設立  Kindle電子書籍出版代行  第二種金融商品取引業登録代行 医療法人設立 投資組合設立 公正証書作成 法務局 マイナンバー制 一般社団法人設立  海外相続・国際相続(渉外相続)相続手続代行 国際離婚  株式会社解散手続・合同会社解散手続・外国会社日本支店閉鎖手続

メインメニュー

Copyright© 帰化申請 大阪.com All Rights Reserved.